So-net無料ブログ作成
検索選択
書籍・雑誌 ブログトップ
前の10件 | -

グッジョブ [書籍・雑誌]

 取手図書館のサイト
 取手出身騎手・吉田隼人さんの寄附金で子ども向けの本を買いました

 というわけで,オイラは子どもではないのですが,吉田隼人騎手寄贈の本を借りて読んでみました。
 吉田隼人騎手,グッジョブ。



ビジネス書で [書籍・雑誌]

 ビジネス書で、DJポリスの話術について書かれている本があったら読んでみたいです。DJポリスの人を惹きつける言葉の魔法とか、DJポリス流説得術とか、DJポリスに学ぶスピーチテクニックとか、そんな感じの中間管理職向けのハウツー書が出ていそうな気がするのですが、どうでしょう。
 別にジャパニーズビジネスマンではないけれども、オイラは口下手なので、話し方講座とか、わりと気になります。

 ビジネス書で、東進ハイスクールの林修先生の話術について(以下ry



ある意味衝動買い [書籍・雑誌]

 買い物に出掛けて、予定していたブーツのほかにいろいろ買ってしまったのです。

 「ビロードのうさぎ」マージェリー・W・ビアンコ原作、酒井駒子絵 ブロンズ新社。前からほしかったけど、買わないままきていました。たまたま本屋さんでお薦め本になっていたので購入。いやあ、いつ読んでもいい。酒井駒子さんの絵が実にいい。

 それからスターバックスのレギュラーコーヒー豆。スマトラというちょっと強くてこくのあるしっかりした味の豆です。



図書館で借りた本 [書籍・雑誌]

 図書館で借りたまま、読んでいない本があります。読もう読もうと思いつつ、ほかのことでいっぱいいっぱいで読めませんでした。
 お目当ての本が借りられて、それで満足してしまいます。そうして読まずに返すパターンのやつです。



ようやく借りられた(´ー`) [書籍・雑誌]

 図書館でしばらく待ってようやく借りられたMOE5月号を読んでみました。

 なんでっていうと島田ゆかさんの「バムとケロ」特集が載っていて。大型連休(NHK的表現)のときに見てきた島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展と合わせて記事が載ったみたいなのです。

 絵本の裏話、楽しかったですよん。私よりもひでひ子(仮)、みき(仮)の二人の方が、よく読んでるかも。
 バムとケロ、ガラゴ、ぶーちゃんとおにいちゃんのお話、それぞれ島田ゆかさんへのQ&Aなどもあって楽しかったです。


2011-07-07 10:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

やましたひでこさん [書籍・雑誌]


ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

  • 作者: やましたひでこ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2010/06/11
  • メディア: 単行本


 さっ、ようこそ断捨離へを借りてきたぞ―!
 これから読むぞ―!
 読み終わる頃には大型連休終わっているぞ―!
 家の中荒れたままだぞ―!


2011-05-03 14:30  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ふじしろ図書館 [書籍・雑誌]

 行きましたよ、ふじしろ図書館。

 15日に取り置き期限だった本も借りられてよかったのです。「特異家出人」笹本稜平著。久しぶりに読書です。「よぴきちさん」のネタにできるかも~。経済的事情で自分で本を買えないところが辛い。要するにビンボーなんです。良く言えば清貧。(笑)


2011-03-23 23:16  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

競馬とは全く関係ないネタでごめん [書籍・雑誌]

 先週から中山、阪神開催から、東京、京都開催になりました。
 で、吉田豊騎手も、25日、久しぶりに京都遠征です。
 アンタレスSのロラパルーザとか、大久保洋吉厩舎期待のシーマークとか、騎乗してきました。

 で、それらとは全く話が変わりますが京都競馬のレース名。

 糺の森特別。

 オイラの脳内で、変換。

 糺の森(ホルモー)特別。

 うひゃひゃ。(よぴ蔵だけが喜んでます)

 ほかにも京都競馬のレースあるよね。

 下鴨(ホルモー)特別。

 衣笠(ホルモー)特別。

 うひゃひゃ。最後は当然、

 鴨川(ホルモー)特別。(1000万下)

 鴨川ホルモー、面白いので、読んでみて。続編のホルモー六景もいいですよん。でも、読んで役に立つとか、実用的とか、そんなのを求めちゃダメ。



鴨川ホルモー [書籍・雑誌]

 ここのところ読書日記と化している「よぴぞうさん」ブログです。休みの間に夫に娘達を託し、図書館で本を大量に借りてきました。

 鴨川ホルモー (単行本)

 万城目 学さんの「鴨川ホルモー」一度本の世界に入り込んだら、あっという間に読み上がりました。一大スペクタクルです。映画化もされたのですが、一体どんな映像になっているのか見てみたいなあ。まあ、7泊8日レンタルになってから。(汗)

 でも、なんだこりゃ的な読後感。なんだったんだろう、この本。「考えるな、感じろ」ってか。

 この方の本で「鹿男あをによし」も面白かったです。前に玉木宏さん主演でドラマ化されてましたね。


2009-11-09 09:03  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

いばらぎでなくて…… [書籍・雑誌]

 カフェオレには砂糖は入れない派のよぴ蔵ですこんにちは。

 みき(仮)がインフルエンザ出席停止中なのに、いや出席停止中で私まで迂闊に外出できないせいか、図書館の本を読みまくってます。

 今日ご紹介するのは「続いばらぎじゃなくていばらき」茨城王サイトで局地的に有名な青木智也さんの本第2弾です。もしかしたらウケているのはオイラだけ?という気がしないでもないのですが、何とも面白い。

 いばらぎじゃなくていばらき―超人気WEBサイト「茨城王」を読む (単行本)
 続 いばらぎじゃなくていばらき―極私的「茨城の地域活性化論」 (単行本)

 ついでに茨城王も。
 茨城王 -イバラキング


 牛久大仏は実は超合金ロボだった!(ただしフィクション)みたいな、妄想作り話的な部分がオイラには一番面白かったのです。間違っても茨城県民の文化とか県民性とか観光案内みたいな実用的なものは求めちゃいけません。

 オイラは一番茨城度の低い取手市民。最寄りは藤代駅ですが、頑張って自転車漕いで取手駅から緑の電車。あんまり頑張れないときには、日比野克彦さんの字が描いてある「ことバス」に乗るときも。アートだべ?なんだあの落書きみてぇなバスって悪口言われてるときもあっけど。
 買い物はちょっと気取って柏高島屋ステーションモール。でも普段はカスミ。オイラ、マジ訛ってねぇから。多分。やっぱ、あんま自信ねぇな。取手市民つっても、旧藤代町だし。

 茨城県民だけど、最後に一言言わせて頂きたい。激甘マックスコーヒー、正直苦手。


2009-11-08 08:27  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

前の10件 | - 書籍・雑誌 ブログトップ